ミニについて
長く低迷したイギリスの自動車工業界の状況を反映し、生産、販売会社の名前は幾度も変わったが、 ミニ自体は2000年まで40年以上に渡り生産、販売が継続された。1990年頃には日本の企業がミニの製造、販売権を取得する計画[1]もあったが実現せず、1994年以降はドイツのBMWが、ランドローバーと同時にローバーを傘下とし、ミニにまつわる権利も手中にした。 BMWは新規に投入する同社初となるFF車をニューミニと位置づけ、それまでの資産を生かしたビジネスをすべく、傘下となった旧ローバーの技術者による車両開発を行ない、2001年から英国のオックスフォード工場(旧ローバー社カウリー工場)で生産開始され販売されている。 BMWのミニが登場したことで、初代「ミニ」は、「クラシックミニ」、「BMCミニ」、「ローバーミニ」とも呼ばれる。
なお、イギリスは日本と同じ左側通行故にオリジナル版は右ハンドル車であり、これと軽自動車相当なコンパクトなサイズが評価されモデル晩年は日本が主要顧客となっていた。但し、日本に輸入されたミニには左ハンドル仕様車も多い。これは日本で施行された排気ガス規制(昭和50年排ガス規制〜昭和53年排ガス規制)に対し、規制値が近いカリフォルニア州仕様車(対米輸出車)を輸入していた時期があったためである。

※出展:Wikipedia ミニ(BMC)
千葉県流山市にてクラシックミニを中心に展開しています。ローバーミニの仕入れからメンテナンスまで全てこだわりを持って取り扱いすることで、芸能人の方をはじめとした全国より数多くのお客様にご愛顧いただいております。気軽に立ち寄れる店舗は、常磐道/外環道/首都高からのアクセスも良く、最寄りのつくばエクスプレスおおたかの森駅は東京駅から44分、秋葉原駅から30分と都心からも好アクセスです。ご購入前のご相談からアフターまで、お気軽にお問い合わせください。